事故車と修理履歴



事故車と修理履歴

中古車購入で大事なのは、事故車かどうか?、修理履歴はどうか?という点です。

 

一般に中古車販売店に展示されているプライスボードには、修理履歴が明記されています。

 

でも、規則では、すべての修理を明記しなくてもかまわないってこと知ってました?

 

例えば、バンパー・ボンネット・ドアの交換などは、修理履歴には入りません。

 

では、どんなところが修理履歴に入るのか?

 

これは、車の骨格の部分に損傷を受け、交換・修理が必要になった時だけ、修理履歴に記載することになっています。

 

つまり、修理履歴が細かく記載されていないと、プロが見れば事故で、修理した履歴は一目瞭然ですが、素人目にはなかなか分かりません。

 

でも、素人でもわかりやすいポイントはいくつかあります。

 

まず、ドアの内側のシーリング・スポット溶接跡。

 

今度は、車を少し遠目に見ましょう。

 

前・横・斜めから観察、不自然な隙間・継ぎ目などないか、確認します。

 

大きな事故を起こした車だと、修理もその分、大きくなるので、あとあと不具合が発生する可能性が高いものなのです。