走行距離 年式



走行距離 年式

走行距離と年式は、もっとも気になるところでしょう。

 

中古車と言っても、なるべく新車に近いものを選択したいと思うのは人情でしょう。

 

でも、価格から見れば、基本は古いほど安く、走行距離が長いほど、安くなります。

 

走行距離には、目安があります。

 

1万キロ・3万キロ・5万キロなど目安があって、それ以下か、それ以上かで車の価格が変わります。

 

車の走行距離は、1年で1万キロが相場。

 

つまり、3年落ちの車なら、3万キロ。

 

しかも、新車から3年では、車のトラブルも少ないとされています。だから、

 

ハズレのない中古車を選ぶなら、おすすめは、3年落ち。

 

車は、5年くらいから細かいところが壊れてきます。

 

あとのメンテナンス費用も考えると、新車から3年後の中古車が無難ですね。

 

走行距離や年式を超越した中古車が、いわゆるクラシックカー。

 

希少価値が上がり、逆に値がはるものも少なくありません。

 

でも、こうなると、最早車は、実用性よりも、趣味的な要素が増えてきます。